ネット誹謗中傷を予防、対策する方法とは?

ネットでの誹謗中傷を予防する方法とは?

根拠がなくても広まり方が早いのであっという間に拡散されて社会的なニュースになってしまうのがネットでの誹謗中傷です。被害を受けてから対策を講じるよりも予防ができたほうが効果的です。ネットセキュリティ会社はネットの不正利用、詐欺、著作権の侵害などの対策を業務内容としていますが、誹謗中傷などの迷惑行為への予防対策も実施しています。事前に抑制することができれば、危機管理体制を高めることにつながります。そのサービスの内容は検索サイト上位から誹謗中傷サイトを排除する、SEO(サーチエンジン最適化)で関連サイトを的確に検索する、ネット監視対策となっています。営業妨害と信用棄損によるリスク管理になるだけでなく誹謗中傷による売り上げ減少の危険性を回避することができます。

ネットでの誹謗中傷を受けてしまったら?

リスク管理としてはネットでの誹謗中傷を受けてしまったらどうすればいいかについて知っておく必要もあります。まずサイトの管理者に連絡をして記事を削除してもらうよう依頼します。削除請求会社というものが存在していますが、削除に成功できない場合や時間がかかってしまう場合も考えられます。下級審判例で法律行為であるとされ、削除請求会社が削除を受付することはほぼ不可能になりました。では誰に依頼すればいいかというと弁護士になります。適切な法的根拠を持ち削除請求することが必要ですし、書き込みをした人の個人情報開示を請求してもらうことになります。仮処分などの方法を使うことができますから、削除依頼会社や自分で手続きするよりもスムーズで効果が高いと言えます。慰謝料や名誉棄損などの名誉回復をするためにも弁護士に依頼するのがおすすめです。

ネット誹謗中傷の対策として、主に管理者に削除依頼をする事で時間は掛かりますが、削除してもらう事が出来ます。