ポスターを描くなら…目立つデザインを考えよう!

モチーフを前面に出す!

街を歩いていればポスターの一つや二つ必ず目にしますよね。ポスターは人の気を引くように作られていますから、何気に足を止めてポスターを見入ることもあるでしょう。ポスターには、シンボルマークであったり告知内容であったり、見せたい部分にインパクトを持たせています。いろいろ描いてあるポスターもあれば、背景とモチーフだけのポスターもあります。ポスターの役割は、人に知らせたいことを見てもらうことですから、どんなデザインでも良いという自由さを楽しむこともできます。

どんな表現方法を使うか…

ポスターは絵やイラストで表現されることが多いですが、どんなタッチで描くかも集客力の決めてとなります。例えば、「冬」をテーマとして考えた場合、雪だるまやスケートやスキーなどを描くとイメージが伝わりやすくなります。スポーツの大会を告知するためのポスターなら、そのスポーツに関わるモチーフを描くことになるでしょう。その際にどんな手法でポスターを描いていくのかによって、デザインが決まってきます。ポスターのデザインは、人を惹きつける要素が盛り込まれていればいるほど良い仕上がりになるでしょう。

色を付けてポスターを完成させる

下書きが済んだら、配色を考えながら色を付けていきましょう。その際によく起こるのが色のはみ出しです。線の際や境界の部分の色付けって失敗しがちですよね。はみ出さないようにしようとするほど、塗りすぎてしまったりと失敗も多くなります。そんな時は修正用のマーカーなんかもありますから、そうしたアイテムも活用できるように用意しておくといいですよ。修正する技術もポスターを上手に描くテクニックなんですね。

激安コピー印刷を請け負っている業者を探しているならば、情報収集がコツです。通販のホームページから申し込むこともできますから、要チェックです。