ポスターを描こう!ポスターには目立つデザインが大事

モチーフだけではない

ポスターを見た時、人は皆何かしらの印象を受けますよね。それはポスターがインパクトを持ったものだからなのです。人が見た時に「あっ」とか「おおっ」とか思わせるためには、基本的な方法があるんです。ポスターには必ず主とするモチーフがありますが、それを際立させるための色使いこそポスター作りのコツなんです。例えば、黒い背景に白い文字を描いた場合、くっきりと白い文字が浮き出ます。背景を何色にするかといった点で、ポスターの印象はとても変わるものなんです。色を上手に使うこと…目立つポスターにはこれが大事なんですよ。

どんなタッチで描くのかを決める

ポスターを描くには、まずモチーフを決めます。例えば、「夏」をテーマとしたポスターなら、花火やお祭り、海なんかもいいですよね。交通安全のポスターを作るなら、自動車のイラストがいいかもしれません。これらの絵をどんなタッチで描くかで、ポスターの印象は天と地ほど変わりますよ。水彩画、油絵、漫画風、…クレヨンで書けば柔らかい色合いが出ますし、意表をついて鉛筆画なんていう方法もあります。ポスターを描く時には、どんなタッチで描くのかもとても重要ですよ。

さらにデザインを際立たせるには…

水彩画で描いたポスターに何か物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。カラフルな油絵のポスターがどうも目立たない…失敗かなと思うこともありますよね。出来上がったポスターのデザインがイマイチだと悩んでしまう時には、描き終わったデザインの淵を黒い線でなぞってみるといいですよ。イラストでもロゴでも、外側の線がしっかり描かれていると、凄く見やすいし目立つんですよ。

格安コピー印刷を手掛ける業者の場合、インターネットでの注文に対応している所が多く、必要な時に素早く注文できます。